qrcode.png
http://sekihouse.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

セキハウス株式会社
営業本部
〒271-0092
千葉県松戸市松戸1756-11
TEL.047-331-8000
FAX.047-331-8889

──────────────
1.分譲住宅の企画・販売
2.不動産の仲介
3.リノベーション事業
4.賃貸管理
──────────────

 
 

断熱気密

         
   
一年中快適に暮らすには、夏は太陽に暖められた外気をいかにシャットアウト、冬は室内の空気をいかに逃がさないようにするかといった、家全体の断熱化が必要です。セキハウスの住まいは、床、壁、天井・屋根それぞれに十分な断熱材を使用。断熱材で家全体をすっぽり包み込む高断熱・高気密設計の住まいです。夏涼しく、冬暖かい暮らしを共に、省エネにも役立ちます。 
   
熱の損失は窓など開口部からも盛んに行われます。その熱の損失を防ぐ為に、リビングダイニングやキッチン、各部屋などの主な箇所には、複層ガラスを採用しています。2枚のガラスの間の乾燥空気層が熱の伝導を抑え、冷暖房の熱損失を防止する為、効率のいい冷暖房を実現。さらに結露の防止、熱効率の向上による冷暖房費の削減という効果も発揮します。 
 
 
03.床面を外気の影響から
床下は、家の耐久性を高めるために換気をしている部分です。外気に通じていることから、床面ができるだけ外気の影響を受けないような床材の下にポリスチレンフォームなどの断熱材を施工しています。
また、ホルムアルデヒドを含まない断熱材の使用で、シックハウス対策にも配慮していきます。
   
天井と外壁との取合い部や間仕切りとの交差部に隙間ができると、冷暖房効率を下げてしまいます。天井面には、グラスウールなどの断熱材を敷き込み、家の内部が外気の影響を受けないようにします。ただし、屋根裏の空気が滞ると、熱気や湿気が溜まり、屋根部材の耐久性が衰える原因になります。夏は屋根裏の熱気が室内まで伝わり、冷房の効率が悪くなる場合も。そこで屋根裏換気の通り道を塞ぐことなく、天井にはしっかりと断熱対策を施すことが大切なのです。 
   
熱線反射
室外側のガラスにLow-E金属幕をコーディングしたLow−E複層ガラス(遮熱タイプ)は室内に入ってくる太陽の照射熱を50%以上カット。冬は室内の暖房熱を反射するので、夏涼しく冬暖かい、快適な室内環境づくりに役立つ高性能なガラスです。 
   
快適性
遮熱性
Low-E複層ガラス(遮熱タイプ)は、夏の太陽の紫外線を50%以上カットし、冬は室内熱を逃がさないため、一般複層ガラスより冷暖房効率を高めます。 
   
紫外線カット(UVカット)
Low-E複層ガラス(遮熱タイプ)なら、採光性を損なうことなく紫外線の透過を防ぎ、人や家具などに与えるダメージを大幅に軽減します。 
   
人の出入りがある玄関ドアは、冬は冷気が、夏は熱気が侵入しやすく、気になる部分です。ここにも断熱仕様のドアを採用。いつも快適な室温を保つように配慮しています。

※一部環境により仕様が異なる場合がございます。 
<<セキハウス株式会社>> 〒271-0092 千葉県松戸市松戸1756-11 TEL:047-331-8000 FAX:047-331-8889